読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

24/7 twenty-four seven

iOS/OS X application programing topics.

Travis CIでipaを作るときのCode Signが失敗するのを修正したメモ

iOS

一週間ほど前から(おそらくTravis CIの環境がXcode 5.1に変わってから)Travis CI上でipaファイルの作成に失敗するようになってしまって、TestFlightにベータ版を自動的にアップロードすることができなくなっていたのを昨日ようやく直したのでメモ。


↓ということで以前に書いた記事はちょっと古くなってしまいました。
本文はそのままですが、参照先のgistの内容はアップデートしてあります。
ユビレジのiPadアプリのCI環境をJenkinsからTravis CIに移行したときのまとめ - 24/7 twenty-four seven


失敗している箇所のエラーメッセージは下記の通り。ipaを作る前の、プロジェクトのビルドでコード署名をするところで失敗しているけど、これだけだと原因がよくわからないのでまず手元で同様のメッセージが出る状況を再現することを実行しました。

⌦ Code Sign error: No matching codesigning identity found: No codesigning identities (i.e. certificate and private key pairs) matching “iPhone Distribution: Ubiregi Inc. (Y7522692LT)” were found.
⌦ CodeSign error: code signing is required for product type 'Application' in SDK 'iOS 7.1'

** BUILD FAILED **
The following build commands failed:
Check dependencies
(1 failure)
rake aborted!

Command failed with status (65): [xcodebuild -sdk "iphoneos" -workspace "/Us...]


で、手元で新しくプロジェクトを作って状況を変えながら(Provisioning Profileを無くしてみる、秘密鍵をキーチェーンから消してみる、など)コマンドラインでビルドするのを何回かして、キーチェーンに秘密鍵が存在しないときに同様のエラーになることがわかりました。


↓そうすると、下記のキーチェーンに秘密鍵をインポートしてる部分がちゃんとできていないのだろうというところまではすぐにわかったのですが、直すのはよくわからなくて、けっこう時間がかかってしまいました。
というのも手元だと成功してしまうので、ちょっと修正してPushして結果を見て、というのを繰り返す必要がありました。

def add_certificates
  sh "security create-keychain -p travis #{KEYCHAIN_NAME}"
  sh "security import ./certificates/apple.cer -k ~/Library/Keychains/#{KEYCHAIN_NAME} -T /usr/bin/codesign"
  sh "security import ./certificates/dist.cer -k ~/Library/Keychains/#{KEYCHAIN_NAME} -T /usr/bin/codesign"
  sh "security import ./certificates/dist.p12 -k ~/Library/Keychains/#{KEYCHAIN_NAME} -P #{KEY_PASSWORD} -T /usr/bin/codesign"
  sh "mkdir -p \"#{PROFILE_DIR}\""
  sh "cp \"./profiles/#{PROFILE_NAME}.mobileprovision\" \"#{PROFILE_DIR}\""
end


↓結局、下記のように`security list-keychains -s #{KEYCHAIN_NAME}`の1行を追加すると成功するようになりました。

def add_certificates
  sh "security create-keychain -p travis #{KEYCHAIN_NAME}"
  sh "security import ./certificates/apple.cer -k #{KEYCHAIN_NAME} -T /usr/bin/codesign"
  sh "security import ./certificates/dist.cer -k #{KEYCHAIN_NAME} -T /usr/bin/codesign"
  sh "security import ./certificates/dist.p12 -k #{KEYCHAIN_NAME} -P #{KEY_PASSWORD} -T /usr/bin/codesign"
  sh "security list-keychains -s #{KEYCHAIN_NAME}"
end


`list-keychains`はキーチェーンのサーチリストを表示するコマンドですが、`-s`オプションでサーチリストに指定のキーチェーンを追加することができるので、それが有効なのかなと思いました。
これでしばらく運用していましたが、前の記事のコメントid:gin0606さんに以下の情報を教えていただきました。


XCode code signing issue with OS X Mavericks images


↑ のあさりさんの情報によると次の2行を追加して、作成したキーチェーンをデフォルトに指定することと、アンロックすれば直るとのことでした。

security default-keychain -s ios-build.keychain
security unlock-keychain -p travis ios-build.keychain 


アンロックは試してたのですが、デフォルトにするのは試してなかったのでやってみました。
結果は、デフォルトにするのは効果があり、アンロックは特に必要ありませんでした(あってもなくてもよい)。


どちらでも良さそうですが、デフォルトに指定するほうがなんとなく気に入ったので、それを採用しました。
↓ ということで、今は下のようなコードで正常に動いています。

def add_certificates
  sh "security create-keychain -p travis #{KEYCHAIN_NAME}"
  sh "security import ./certificates/apple.cer -k #{KEYCHAIN_NAME} -T /usr/bin/codesign"
  sh "security import ./certificates/dist.cer -k #{KEYCHAIN_NAME} -T /usr/bin/codesign"
  sh "security import ./certificates/dist.p12 -k #{KEYCHAIN_NAME} -P #{KEY_PASSWORD} -T /usr/bin/codesign"
  sh "security default-keychain -s #{KEYCHAIN_NAME}"
end


↓ これらの変更を加えたRakefileの全体はこちら
Rakefile for testing, building and uploading to Testflight/Crittercism


↓ .travis.ymlの全体はこちら
.travis.yml for Ubiregi iPad App