読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

24/7 twenty-four seven

iOS/OS X application programing topics.

try! Swift 2016を200%楽しむために

いよいよ今週はtry! Swift 2016が開催されます。

せっかくの機会ですので貴重なチケットを手に入れられた方にtry! Swift 2016を最大限楽しんでいただくために、ちょっとしたコツをお話しします。

公式アプリ

try! Swift公式アプリがAppStoreから配信されています。タイムテーブルやセッション概要などが掲載されていますので、事前にインストールしておきましょう。Apple Watchを持っていれば時計の文字盤に情報を表示することもできます。

try!

try!

  • Natalya Murashev
  • ソーシャルネットワーキング
  • 無料

公式Slackチャンネル

参加者のみなさんをtry! SwiftのSlackチャンネルにご招待しています。もし、招待メールが届いていない方は info@tryswiftconf.com にご連絡ください。Slackでは自己紹介や、質問など、自由に参加者および講演者の方とコミュニケーションをとっていただいて構いません。食事やお茶、オフィス見学に誘ってみるのも良いでしょう😉

来場はお早めに

会場は渋谷マークシティ、サイバーエージェントのセミナールーム13Fです。実際の行き方は少しわかりにくいので、こちらのスッキリわかる渋谷マークシティ入門!を参考にして、できるだけ早めにお越しください。500人近い方が来場されますので、開会直前に多くの人が来られますと、時間内に受付が終了しない可能性があります。会場にはサンドイッチやお菓子を用意してますので、早めに着いてゆっくり準備をすることをお勧めします。

人と話そう

カンファレンス、と言っても講演の内容は後からスライドとビデオが公開される予定ですし、技術的なことは参加者のレポートなどを読むだけでもついていけると思います。ただ行って話を聞いて「ああいい話を聞いた」って帰ってしまうのはやはりもったいないと思います。

やはり、安くない参加費を払って、わざわざ会場に足を運ぶということは、その時しか得られない何かを持って帰るためだと思いますので、ぜひ積極的に人と話しましょう。 try! Swiftでは講演以外の直接スピーカーや他の参加者の方と話すことのできる時間をできるだけ多く設けています。

特にこのカンファレンスでは海外の講演者および参加者の方がたくさんいらっしゃいます。実はモバイル開発における日本は世界から非常に注目されていて、日本のことを知りたいと、みんな大変な興味を持っています。

Q&Aルーム

まず、すべてのスピーカーについて、講演後の1〜2時間はスピーカーに直接質問をすることができるQ&Aセッションの時間があります。Q&Aセッションは17Fの別の部屋で行われるため、通常のセッションは聞き逃してしまいますが、うまく使えばセッションをただ聞くだけよりも有意義な時間の使い方になるでしょう。

MacBookを持っていけば、コードについて質問したり議論することもできます。WWDCやTech Talkに参加されたことがある方は、ラボのようなものだと思ってください。

そして、Q&Aセッションには通常のセッションと同様にプロの通訳がつきます!なので言葉に不安がある方でも問題ありません。 また通訳の費用はみなさんのチケット代、およびスポンサー料から賄われていますので、利用しなければ損です🤑

Q&Aセッションに来られる方が少なければ、いろいろ準備して日本に来られるスピーカーの方々も残念に思うでしょうし、私たちも準備したかいがありません。ぜひ積極的に話をしにいってみてください!

スピーカーディナー・懇親会

2日目(3/3)には招待制のスピーカーディナー(主にスポンサー企業の参加者やボランティアスタッフが招待されています。)、最終日(3/4)には参加者なら誰でも参加可能なオフィシャルのパーティ(懇親会)があります。

最終日の懇親会の会場はTOMBOY INDIAN LOUNGE DINING 渋谷106道玄坂店です。

慣れていなければ、懇親会で外国の方に英語で話しかけるのは難しいかもしれませんが、心配はいりません。懇親会における会話の手続きはだいたい決まっているので、それを覚えておけば大丈夫です。そのあたりのテクニックについては次の記事で紹介します。

それに懇親会なので相手は人と話そうと思っているし、前述のとおり、海外の方は日本の事情をぜひ知りたいと思ってきているので、普通にやってれば話は弾みます。

朝食・ランチ・コーヒータイム

意外と狙いどころは、セッションが始まる前の朝食タイムと、ランチタイム、そしてコーヒーブレイクの時間だと思います。こういった時間はどうしても知った顔同士で一緒になりがちですが、勇気を出して講演者の方や知らない参加者の方に声をかけてみましょう。

コーヒーやお弁当を片手に行けば自然と一緒に話をする流れになるでしょう。

人がいっぱいの懇親会に比べて、こういう時間に話した人はけっこう後になっても覚えているものです。たくさんコネクションを作って帰ってください。

iPhoneに自分の作品を入れておく

try! Swiftに来ているのはもちろんiOS/OS Xのデベロッパーですし、Swiftが好きな人ばかりなので、話のきっかけさえつかめれば、楽しく話せると思います。

言葉やヒアリングが苦手でも、作ったものを見せればいいです。 みなさんはモバイルの開発者なので、iPhoneがあればすぐに作ったものをデモすることができます。来場の前にiPhoneに自分が作ったものを準備しておきましょう。 私がユビレジにいたときはiPadを持って会場をウロウロしていました(ユビレジはiPadアプリしかないので😅)