読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

24/7 twenty-four seven

iOS/OS X application programing topics.

iOS 8のすべてのエクステンションはオプトイン方式

iOS

↓ 昨日Todayウィジェットについて書いた記事についてのコメントに、通知センターがスパムコンテンツだらけになるんじゃないの?と心配されてる方が少しいらっしゃいました。

通知センターから今日やるアニメをサッと確認できる「今日のアニメ」をリリースしました - 24/7 twenty-four seven


現状の仕組みではそれについてはそれほど心配はいらないと思います。
(通知センターに勝手に入る心配はないということであって、スパムアプリが氾濫しないという意味ではないです。
あと、特にTodayというセマンティクスに合ってない単なるランチャーのウィジェットも通っているので今のところ審査はそれほど厳格じゃないんじゃないかなと思います。
私個人としては、通知センターは単にアクセスのよい場所という認識なので、そこに置くのが便利なのであればランチャーでも何でもアリかなと思っています。)


エクステンション(Todayウィジェットに限らずカスタムキーボードや、Photo Editingなどすべてのエクステンション)はオプトイン方式です。


ユーザーが自分でそのエクステンション有効にしない限り、アプリケーションをインストールしたら勝手に通知センターのところに現れるということはありません。(カスタムキーボードなども同じ。ホストアプリケーションをインストールした後で、そのキーボードを有効にする必要がある)

上記以外のエクステンション (Share, Action, Photo Editing, Document Provider) についても、それぞれ微妙に異なりますが、ユーザーが有効にする設定をしないといけないというところは同様です。

そして、どのエクステンションも、有効にする設定はなかなか奥深くにあるので、ユーザーがその操作をしなければならないというハードルを超えて、使ってもらうまでに至るには、かなり魅力的な機能が無いと難しいと思います。


以下、それぞれのエクステンションを有効にするための操作を示します。
アップルが意図的にそうしているのかは不明ですが、どのエクステンションも普通に使ってて自然と気づくような操作にはなってないことがわかると思います。
この設定のハードルのこともあり、ただ便利なものを作っただけでは、使ってもらうのはなかなか厳しそうだと私は思っています。

Today

通知センターを表示して、画面下部の「編集」ボタンを押すとインストールされているウィジェットの一覧が表示されるので、そこから有効にするウィジェットを選択します。

20140918014449 20140918014449

Custom Keyboard

エクステンションの中で最も有効にするまでの操作が複雑です。
「設定」アプリから「一般」>「キーボード」>「キーボード」>「新しいキーボードを追加」選択すると、標準のキーボードの他に、利用可能なサードパーティのキーボードが表示されるので選択します。
さらに、日本語変換にインターネットアクセスが必要な場合は、その後で「フルアクセスを許可」というスイッチをONにしてもらう必要があります。

20140918014449 20140918014449 20140918014449 20140918014449 20140918014449

Photo Editing

「写真」アプリを開いて任意の写真を表示したところで「編集」を押します。
その時、エクステンションが利用可能であれば左上に丸いボタンが表示されているのでそれを押すと、有効になっていればエクステンションが表示されます。
新しくインストールしたエクステンションを有効にするにはさらに「その他」ボタンを押して表示される画面から有効にするエクステンションを選択します。

20140918014449 20140918014449 20140918014449

Share, Action

共有およびアクションメニューの「その他」を選択して表示される画面から有効にする必要があります。

20140918014449 20140918014449 20140918014449

Document Provider

良い例がなかったので割愛