読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

24/7 twenty-four seven

iOS/OS X application programing topics.

Travis CIでiOSアプリのテスト&ベータ版の配信に使っているRakefileを改善したメモ

iOS

↓ コード署名に失敗する問題を直すついでに、今まで運用していく中でいくつか改善したい点があったので少し手を加えました。
Travis CIでipaを作るときのCode Signが失敗するのを修正したメモ - 24/7 twenty-four seven

Provisioning Profileのダウンロードにnomad/cupertinoを使う

これまではapple-devというRubyのスクリプトを使用していたのですが、それをやめて、cupertinoというGemを使うようにしました。


もともとcupertinoの存在は知っていたのですが、READMEを見て対話的な使い方しかできないものだと思ってしまっていたので、CIでは使えないと勘違いしていました。


実はコードを読んでみると、次のように`-u`と`-p`オプションでユーザ名とパスワードを渡すことがどのコマンドについてもサポートされているようだったので試してみるとあっさり成功したのでこれを使うように置き換えました。

global_option('-u', '--username USER', 'Username') { |arg| agent.username = arg unless arg.nil? }
global_option('-p', '--password PASSWORD', 'Password') { |arg| agent.password = arg unless arg.nil? }
global_option('--team TEAM', 'Team') { |arg| agent.team = arg if arg }


apple-devはBundlerでインストールできるようになっていなかったので、リポジトリにスクリプトを含めていましたが、それが不要になったので少しリポジトリがスッキリしました。

Pull Requestに対するビルドについてもTestFlightでベータ版を配信する

これまではmasterブランチにマージしたときだけTestFlightでベータ版を配信していたのですが、Pull Requestを簡単に動かして確認したいという声があったので、試しにPull RequestについてもTestFlightにアップロードするようにしてみました。


↓ この対応についてはTravis CIの実行時に設定される環境変数を見て処理を判断していたところを消しただけです。

task :testflight => ["version:set_build_version", IPA_FILE, :crittercism] do |t|
  iff ENV['TRAVIS_PULL_REQUEST'] != "false"
    puts "This is a pull request. No deployment will be done."
    next
  end
  if ENV['TRAVIS_BRANCH'] != "master"
    puts "Testing on a branch other than master. No deployment will be done."
    next
  end


また、Travis CIにはPull Requestの場合`TRAVIS_PULL_REQUEST`という環境変数にPull Requestの番号を入れてくれてるということなので、ビルド番号にPull Requestの番号を加えて配信することにしました。

task :set_build_version do
  rev = `git rev-parse --short HEAD`.strip

  pr_number = ENV["TRAVIS_PULL_REQUEST"];
  rev << " ##{pr_number}" if pr_number != "false"

  puts "Setting build version to: #{rev}"

  InfoPlist.build_version = rev
end

↑ これで、Pull Requestから作られたビルドについては、"Ubiregi2 2.67 (5bf4bc9 #590)"のような形でPull Requestの番号が表示されます。

Travis CI Pro(有料版の環境)のRubyが2.0.0でもCocoaPodsの実行に失敗しなくなった

今まではTravis CI Proの環境だとRuby 2.0.0を使うと`pod install`に失敗していたので、わざわざRuby 1.9.3の環境を指定していたのですが、それが直ったのでRuby 2.0.0を使うことができるようになりました。

↓ それで何が良くなったかというと、Rakefileでキーワード引数が使えるようになったので少しシンプルに書けるようになりました。

def join_option(options: {}, prefix: "", seperator: "")
  _options = options.map { |k, v| %(#{prefix}#{k}#{seperator}"#{v}") }
  _options = _options.join(" ")
end


↓ これらの変更を加えたRakefileの全体はこちら
Rakefile for testing, building and uploading to Testflight/Crittercism