読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

24/7 twenty-four seven

iOS/OS X application programing topics.

UbuntuでThinkPad T60の無線LANを使う(Network Managerの代わりにWicdを使う)

Linux Ubuntu

Ubuntu 8.04 LTS "Hardy Heron"でLenovo ThinkPad T60内臓の無線LANを使うときの設定

前回の設定ではWPA/WPA2のネットワークにすぐに繋がらないことが多かった。一回で繋がらない場合でも、ネットワークパスワードを入れ直したりすると繋がったりする。しかし、全く繋がらなくなったので別の方法を調べることにする。


Wicd」という接続マネージャが良さそうなので以下、それを試す。

Wicdのリポジトリを追加

「システム」→「システム管理」→「ソフトウェア・ソース」を選択。
「サードパーティのソフトウェア」→「追加」ボタンを押して、以下を追加。

deb http://apt.wicd.net hardy extras

Wicdのインストール

$ sudo apt-get install wicd

起動時に自動的に接続する設定

「システム」→「設定」→「セッション」を選択。
「追加」ボタンを押して、

名前:Wicd
コマンド:/opt/wicd/tray.py

を登録する。

繋がらない場合のトラブルシューティング

最初はオープンネットワークには繋がるが、WPA/WPA2のセキュリティ付きのネットワークには接続できなかった。
何回か接続しようとして、タイムアウトのようになる。
ダウンロードページのトラブルシューティングから、/etc/network/interfacesファイルを確認。

$ gksudo gedit /etc/network/interfaces

いつの間にか無線LANの設定が追加されていたので、以下のとおりに戻す。

auto lo
iface lo inet loopback

これで再起動すると、繋がるようになった。