24/7 twenty-four seven

iOS/OS X application programing topics.

LDR touch 1.2.8をリリースしました。


LDR touch

LDR touch LDR touch

LDR touch 1.2.8が審査を通過しました。
iOS 4.0で使用したときにクラッシュする問題を修正しました。
他の修正は下記のとおりです。

変更点

  • iOS 4 でクラッシュする問題を修正。
  • ログインにSSLを使用するように変更。
  • iAdの広告を追加。
  • Mobilizer を Google Mobile Proxy から Instapaper に変更。
  • その他不具合の修正。

iPhoneアプリケーション審査のリジェクト事例

id:fladdictさんがリジェクト事例を共有しようとされているので、僕も自分のアプリがリジェクトされたときのことを書きます。

倍プッシュ! はてなで1万ポイントの質問をしてみた2 | fladdict
最低予算1万ポイントで。iPhoneアプリの審査でリジェクトを食ら… - 人力検索はてな

ネットに接続できないときの通知が無い

テレビ番組表で、圏外のときはその旨を通知しないと行けないということでリジェクトされました。
1.0.0〜1.2.0まで通っていて、突然そんなことを言われても・・・と思ったのですが、圏外のときはアラートを出すように変更しました。

使わないときは半透明で半分隠れているツールバー

初期のはてな touchで、WebViewを広く使いたかったので、ツールバーはなるべく目立たないようにしたいと思って、普段は隠れていて、使うときだけ出てくるようにしたのですがリジェクトされました。
ガイドラインに違反しているということです、
これも一度は通ったので、審査の基準は人によって違うのかなと思いました。

大小のアイコン画像が異なる。

ホーム画面のアイコンと、アートワークのアイコンの見た目が違うとリジェクトされます。
このときはLDR touchのアイコンを変更したときで、ホーム画面のアイコンだけ変更して提出したら、リジェクトになりました。

テストアカウントにログインできない

これは明らかに僕のミスでした。
はてな touchやLDR touchなどのユーザーアカウントが必要なアプリケーションは、審査に使うテスト用のアカウントを教える必要があります。
1.0.0の審査が通った後に、テストアカウントのパスワードを変更したことを忘れていて、普通に新バージョンを提出しました。
すると一週間くらいして、何回やってもログインできないということでリジェクトになりました。

アプリケーションのバグ

LDR touchの未読をしめす青いマークが、既読にしてもいつの間にか未読に戻ってしまうというバグのためにリジェクトになりました。
このときは、たまに未読が戻ってしまうのは気づいてたのですが、再現方法がわからなくて、たまになるだけなのと、表示上だけの問題だったので、そのまま提出したら見事にリジェクトされました。
メールには再現手順がきちんと書いてあって、すぐに直せました。
このときばかりは、審査の人に感謝しました。

iPhoneアプリケーション「はてな touch」「LDR touch」「テレビ番組表」のソースを公開しました。

今まで作ったアプリケーションのソースコードをGitHubで公開しました。

kishikawakatsumi (kishikawa katsumi) · GitHub
はてな touch / Hatena touch - GitHub
LDR touch - GitHub
テレビ番組表 / TV Listings - GitHub

LDR touch 1.2.1をリリースしました。

LDR touch LDR touch

LDR touch 1.2.1がアップルの審査を通過しました。

主な変更点は以下の通りです。

新機能

  • モバイル用にWebサイトを変換して表示する機能を追加しました。
  • Webサイトの表示中にSafariを起動できるようになりました。
モバイル用にWebサイトを変換して表示

Google Mobile Proxyを使って、Webサイトをモバイル用に変換して表示します。
ページ表示が軽くなったり、ズームや、横スクロールする手間が軽減されます。
左がオリジナル、右がモバイル用の表示です。

表示できないサイトがありますので、右下のアクションボタンでオリジナルを表示することもできます。
ここからSafariを起動することもできます。

LDR touch 1.2.0をリリースしました。


LDR touch (AppStore)icon

LDR touch 1.2.0がアップルの審査を通過しました。


主な変更点は以下の通りです。
1.1.0にしたときから、よく落ちるようになったという指摘を頂いていたので、
このたび全面的に書き換えました。
Webの画面では未だ不安定な部分がありますが、それ以外のところで、不意に落ちることは少なくなったと思います。
ぜひ試してみてください。

新機能

  • エントリー画面にフィードを移動するボタンを追加
  • 安定性の向上

不具合の修正

  • 細かいバグを修正しました
エントリー画面から次のフィードに移動できるようになりました。

ライブドアさんがLDR touchを紹介してくれました

iPhoneアプリ紹介ページを開設しました|livedoor Reader 開発日誌
livedoor Reader - RSSリーダー : iPhoneアプリケーション

iPhoneやiPod touchでlivedoor Readerをチェックできる便利なアプリケーションを紹介していきます。今回ご紹介するのは、"LDR touch"と"AeroReader"。いずれもlivedoor Readerのユーザーによって開発されたアプリケーションです。

iPhoneアプリ紹介ページを開設しました|livedoor Reader 開発日誌

LDR touchとAeroReaderが掲載されています。
現在、LDR touchは安定性に欠けるところがありますので、全面的に書き換え中です。
この週末でめどをつけて、来週中には提出する計画でいます。
これからも応援よろしくお願いします。

LDR touch 1.1.0をリリースしました。


LDR touchicon

LDR touch 1.1.0がアップルの審査を通過しました。


今回のバージョンから、アイコンを変更しました。
このアイコンは、フォーユーの金田さんに作っていただきました。ありがとうございます。


主な変更点は以下の通りです。

新機能

  • レート・フォルダ別の表示に対応
  • いろいろなフィードの並び順に対応
  • ホーム画面に未読数を表示(オプション)
  • エントリー表示画面に作者名、更新日、何分前表示を追加
  • はてブコメントの表示
  • アイコンの変更
  • 安定性の向上

不具合の修正

  • 安定性の向上
未読数をホーム画面に表示

いろいろな並び順に対応

レート・フォルダに対応

レート別表示はこのようになります。

LDR touchにライバル登場!

AeroReadericon

Livedoor Readerと同期できるiPhoneアプリケーションが登場しました。
ピンを立てる機能や、オフラインでのブラウズにも対応してます。
もちろんSafariを使わずに本文を読めます。


LDR touchに無い機能を挙げると、

  • レート別表示
  • Fastladderに対応(!)

以上の2点かと思います。
Fastladderは僕はできなかったので、一体どうやったのか興味があります。


よくできているので、いいところは参考にしてLDR touchのほうも改善していきたいですね。

ライブドアの方と飲みに行ってきました!

先日、とつぜんライブドアの方からメールがきました。
内容は、なんとLDR touchはライブドア社内でも使ってる人がいて話題になっているので、話をしてみたいということでした。

びっくりしたのですが、またとない機会なので行ってきました。

CTOの池邉さんをはじめ、有名な方々とお話ができたのが実はいちばん嬉しかったりしました。


また、iPhone SDKの内容について、開発者の方と情報交換できたのはかなり貴重でした。
NDAのためにネットの情報は少ないので、自分で試しながらやってる部分で怪しいところがたくさんあるのですが、
そういう、こうしたらうまく行くけどベストかどうか分からない、みたいなことや、自分が勘違いor失敗したことなんかは、やっぱり同じような経験をされていました。
つまづく所はだいたい一緒なので、情報をネットで共有できれば開発効率もだいぶ違うはずだし、すでに出ているアプリの安定性もかなり変わると思いました。


LDR touchを作った当初は、勝手にアプリをリリースして大丈夫かと心配してたのですが、全くの杞憂でした。
自由にやってくれて構わないと言っていただけたので、胸のつかえがひとつ取れました。


あと、サーバを使ったサービスをする場合はいくらでも協力する、データセンター持ってるから任しとけ、っていう感じのことを言ってくださいました。
これはめっちゃ助かると思いました。
やっぱり維持費用とか、Java使おうと思ったら制限があったりとかで、面倒だと思ってましたが、Webサービスを作ってみようという気がわいてきました。